注目の会計システムを徹底比較!-管理会計でお悩みの方へ

ERPに対応したタイプやクラウドタイプ

会計システムといえば、古くから導入している会社は多いです。ただ、一般的なシステムは制度会計に準拠したタイプで、申告業務などに便利なように作られています。中にある数字の活用ができる仕組みはあまりなく、会計データが無駄になっていたかもしれません。

管理会計ができるシステムを比較することで、会計データを経営に使えるシステムを探せます。大手企業であればいろいろな業務ごとにシステムを導入しているでしょう。ERPに準拠したタイプなら、他のシステムと連携をしてより経営に役立てることができます。

規模があまり大きくないところだと、財務会計も含めて使いやすさを求めるかもしれません。クラウドタイプでも経営に便利なデータの活用ができるタイプがあります。前年対比などがしやすく、グラフなどを駆使したタイプは見える化に対応しています。

ZeeM

  • レーダーチャート

    5

資産情報などを知るには、年末や月末など一定期間ごとに業務を締め切る必要がありました。ZeeMの会計システムでは、経営情報のリアルタイムな把握が可能になっています。固定資産等の情報の管理を統合的に行うことができます。

仕訳情報は入力だけでなく、承認が必要になります。承認されなければ反映されませんが、ZeeMの会計システムでは管理会計向けの情報として未承認のデータを含めた速報が出せます。経営者に必要な資料をすぐに提供することが可能です。

経営データの加工をするのに表計算ソフトは欠かせません。ZeeMの会計システムは、管理会計用の資料の作成を表計算ソフトで加工しやすい仕組みがあります。一旦作成すれば、抽出や加工をしなくても分析できる仕組みもあります。

GCC

  • レーダーチャート

    4

企業が利益を増やす際に、人件費や経費などの管理をきちんと行う必要があります。管理会計をきちんと実施していきたいと考えている方にとってGCCはとても強い味方となってくれます。GCCは会社にとって基幹となる内部情報系システムの構築にとても定評があります。

なかでもGCCの用意する会計システムは企業に寄り添った形で様々な人事データなどを一元化して簡素化してくれます。とても煩わしかった給与計算などの作業がGCCのシステムを導入すればとても簡素化され作業効率を上げる事が出来ます。

GCCでは既存の基幹システムを流用する形で会計システムをカスタマイズしていく事も可能です。分散化されていた業務を一元化し、管理することがGCCのシステムを利用すれば可能となります。

オービック

  • レーダーチャート

    4

一般的な会計システムでは財務会計での処理はできても、管理会計の処理ができず表計算ソフトでの加工が必要になります。オービックの会計システムであれば、自由設計の管理帳票の作成ができます。表計算ソフトでの書こうが不要になりました。

会計システムでは財務会計による実績データが得られます。オービックの管理会計機能では、実績データに予算データ、会計とは異なるデータなどを組み合わせて別途経営に役立つ情報を作成できます。経営者にわかりやすい情報をすぐに作成できます。

プロジェクトの進捗管理において、原価情報などが必要になることがあります。オービックの会計システムではプロジェクト別の管理がしやすくなっています。予定通り進んでいるのかどうかが把握でき、意思決定もしやすくなります。

株式会社東計電算

  • レーダーチャート

    4

経理の仕訳では、通常は借方や貸方の科目や金額などが設定されています。株式会社東計電算の会計システムでは管理会計として使えるために仕訳に管理項目が設定できるようになっています。管理用の集計を行うことができます。

管理会計における部門別会計では、配賦計算が必要になります。各社で色々な基準で配賦をしたいと考えるでしょう。株式会社東計電算では会計システム内の他いろいろな情報を元に配賦が可能です。より柔軟な部門別計算が可能になります。

経費には毎月同じ様に発生するものがあり、多くなり過ぎるのは問題です。株式会社東計電算の会計システムでは、前年比較や月別推移などが行えるようになっているので、異常な経費があればすぐに発見することができます。

SuperStream(スーパーストリーム)

  • レーダーチャート

    4

会社経営では利益よりもいかに資金を管理するかが大事とされています。SuperStream(スーパーストリーム)の会計システムでは、管理会計機能として資金繰りを管理する仕組みがあります。実績と予定を通じた情報を提供してくれます。

会社の部署は、表向きの部署の他、社内の管理部署、細かいプロジェクトなどにも分かれます。SuperStream(スーパーストリーム)はセグメントの設定により、細かい切り口での数値管理が可能になっています。

予算に対して実績がどうなっているかは経営者にとって重要な問題です。SuperStream(スーパーストリーム)では、システム内の情報をウェブ上でも確認できるようになっているので、登録者が自由に予算実績情報をチェックできます。

ICSパートナーズ

  • レーダーチャート

    3

経営のためには経費の削減が必要です。しかしどこで無駄が発生しているかわからないと容易に削減はできません。ICSパートナーズの会計システムでは管理会計の機能として経費毎のドリルダウンによる分析が可能になっています。

会計情報は非常に多くの有用なデータがありますが、分析に時間がかかることがありました。ICSパートナーズの会計システムでは、管理会計的な要素としてデータ分析機能があります。大量のデータでも素早く分析に使うことができます。

これまでは会計情報を表計算ソフトなどに移して加工などをする必要がありました。ICSパートナーズの会計システムでは、管理会計機能として抽出や配賦の機能があります。表計算で行うことをシステム内で行うことができます。

部門や事業ごとに損益管理ができる会計システム

会社の組織や事業内容は様々です。一つの組織で一つの事業しか行っていないなら、管理もわかりやすいかもしれません。会社の業績などは会計情報を見ればわかりますが、一つの組織、一つの事業なら一般的な財務会計システムで把握が可能になります。その組織がうまく運営されているのか、事業がうまくいっているのかは、会計情報の売上や経費、利益、さらには資産状況などを把握することで行えます。では、実際の会社で一つの組織、一つの事業しか行っていないところがあるかです。従業員が多くなれば、それだけ業務が増えます。となると部門などの組織を分けることが多くなります。一つのことだけで長く経営をするのは難しい場合があり、新規事業などを立ち上げるところがあります。組織もどんどん増え、事業も増える可能性があります。

税務の問題で言えば、会計情報はその会社の情報であれば問題ありません。一つの会社から一つの情報があれば足ります。それを解決してくれるのが財務会計システムです。いわゆる制度会計に則ったシステムになります。このシステムでは、その会社の全体的な売上、利益などの業績が把握できます。税金の計算の面では問題はありませんが、多くの組織、事業がある会社を管理するときに、企業全体の情報だけで問題がないかです。部門によっては売り上げを多く出しているところもあれば少ないところもあります。経費に関しても同様です。事業でも新しい事業はどんどん利益を稼ぐが、古い事業はどんどん利益が減っている可能性があります。でも何となくしかわからないと将来の決断などができません。きちんと把握する仕組みが必要になります。

この時に、管理会計に対応した会計システムの導入を考えます。会社を一としてだけではなく、いろいろな面から管理することができます。まずは部門などの組織ごとの管理になります。組織ごとの売上や利益を出すと、どの組織で売上が上がっているのか、経費が掛かっているのかが把握しやすくなります。売上が上がっている組織に経営資源を投入する経営判断をしたり、経費が掛かっている事業の運営の見直しなどができます。事業別の業績の把握ができれば、それに応じた経営判断がしやすくなります。こちらもより業績の良い事業に経営資源を投入し、悪い事業は撤退なども視野に入れる経営判断ができるかもしれません。何となく良い、悪いではなく、明確に良い悪いを知ることによって、組織単位、事業単位の経営判断をするのに役立ちます。

カテゴリ

PAGE TOP