注目の会計システムを徹底比較!-管理会計でお悩みの方へ

home > 会計システムの管理会計について > 管理会計の会計システムとして部門別管理

管理会計の会計システムとして部門別管理

 会社においては、事業毎に部門を分けて管理することがあります。複数の製品を製造しているなら製品ごとの部門を作ったり、全く違う事業を行う場合にそれぞれの事業で部門を作るなどです。一般的には会計情報ではそれらがまとめたものが出されます。つまりは、会社全体の情報です。その会社は儲かっているかどうかが分かる資料になります。ではそれぞれの部門や事業がどうなっているかをどうやって把握するかです。何となく儲かっているようだからと管理することもあるようです。すると正しい経営判断ができなくなります。利益が出ていない事業を継続し続けたためにどんどん業績が悪化する可能性があります。それを防ぐためにもより細かく管理をしなくてはいけないでしょう。部門や事業別に管理ができれば、問題点の把握が速くなるかも知れません。

 会計システムには、一般的には部門などを把握する仕組みはありません。会社全体の状況を把握する仕組みのみです。しかし、管理会計も行えるシステムも登場しています。部門別管理システムでは、全体の会計情報の他に部門別の会計情報も自動的に作成できるようになっています。通常経費や売り上げの把握は、会社全体で行いますが、仕訳の段階で部門別で把握します。同じ売り上げでも、製品別や事業別に分けています。その他の経費も個別に分けておき、それを元に貸借対照表や損益計算書を作成します。これまで全体でしか把握できなかった情報を、部門ごとに把握でき、より経営判断に役立てるようになります。全体の情報はそれらの部門を足せば作成できます。問題としてはすべてがそれぞれの部門に分けられない所でしょう。

 共通費と呼ばれるものがあり、一定の部門に帰属できない経費などがあります。それを無理やりに計上したり、逆に外したりすれば正確な判断ができなくなります。このシステムでは共通費の配賦の仕組みを用意しています。そのため、特定の部門に帰属しない物であってもきちんと把握できるようになっています。配賦の方法は決められているのではなくカスタマイズができるので、人の割合で配賦をしたり、生産量の割合で配賦をするなどいろいろな基準で配賦できるようになっています。どのデータが最も管理に役立つかはそれぞれの会社で作り上げていく必要があります。システムとしては一定の部分まで提供してくれるので、いかに手作業を入れることなく、管理に役立てる情報が得られるかになるでしょう。過去との比較などもできなくてはいけません。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP