注目の会計システムを徹底比較!-管理会計でお悩みの方へ

home > 会計システムの管理会計について > 管理会計ができる会計システムで可視化が求められる

管理会計ができる会計システムで可視化が求められる

 会社のことを写す鏡といわれるのが会計データです。主に貸借対照表と損益計算書からなり、資産状況や利益の状況などが把握できます。この書類があれば会社のことが分かるので、経営に対する判断もしやすくなるとされています。では実際にどう使われているかです。第一の目的としては株主などへの報告目的です。その他には税務申告目的です。これらは経営とは関係なく、必ず行わないといけない目的になっています。これはほとんど会社が行っていますが、それ以外に使うのはなかなか難しいようです。せっかく会計情報があるのに、使いこなせている会社がそれほど多くないことを表しています。貸借対照表や損益計算書はどう使えばよりうまく使えるのか、新たな会計システムが求められるかもしれません。システムにもいろいろなタイプがあります。

 株主への報告や税務に対応する目的で作成するのは、制度会計による会計情報と言われています。それ以外に管理会計といわれる分野があります。制度会計で作成される会計情報を元に、経営管理用に加工した情報とされています。これまでは、それぞれの企業が独自に作成された会計情報を加工して作成していました。それぞれの会社で一定の根拠を持たせて行っているようですが、作成に時間がかかったりする問題が生じていたようです。通常の会計情報はデータが入っていれば自動的に作成できますが、経営に役立つ情報は表計算ソフトなどで加工する必要がありました。情報が出来上がるのに非常に時間がかかっていましたし、その情報が本当に役立つ情報なのかわからないまま使われることもありました。システムになっていればより使いやすくなります。

 あるシステムでは、可視化をキーポイントとしてシステムの提供を行っています。会計システムでは、通常は1年間などの期間が終了しないとデータは作成できませんが、逐一状況が把握できるようになっています。ですから、1年を経過しなくても今の会社の状況が分かります。1年後にしかわからなかった情報を早めに把握できるようになるので、早めに経営判断ができるようになります。もちろん元のシステムと連携をしているので、別途表計算ソフトで書こうをするなどの作業はありません。通常の会計情報と同じタイミングで、管理のための情報も得ることができます。人が加工作業に介入しなくなるので、信頼性のある正しい情報を得ることができます。それぞれの会社が欲しい情報を設定しておけば、それに合わせた情報が得られます。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP